原因を知ることは大事

薄毛になってしまう原因とは

薄毛になってしまう原因とは、ひとつではなく複合的な要因が重なって引き起こります。生活習慣の乱れや、頭皮環境の悪化、睡眠不足、過度なダイエットによる栄養不足、遺伝、男性ホルモンなど薄毛になってしまう原因は複数あります。基本的な薄毛対策となると育毛剤があります。育毛剤を使用することで、頭皮に栄養を補給して、血行促進もしてくれるので髪を健康に育つ環境を作ることができます。しかし、髪を生やしたいのであれば育毛剤ではなく発毛剤になります。育毛剤には髪を生やすだけの効果がないからです。医薬品となりますが発毛剤が髪を生やすためのものになります。ただし育毛剤と違って体へのリスクが大きいので、不安な場合は医師に相談してから使用することです。

シャンプーでは発毛しない

テレビCMなどで育毛用のシャンプーなど宣伝されていますが、勘違いしてしまうのがシャンプーを使って髪が発毛するのではないかということです。実際に、CMで起用されているタレントが薄毛が改善して髪がふさふさになっていますので、洗髪をすると髪が生えるのではないかと錯覚してしまいます。しかし、CMをよく見ると小さい字で頭髪治療を行っていますと数秒間だけ表示されているのです。つまり、シャンプーだけでは発毛はできないということになります。それでも、シャンプーは重要です。それは発毛をさせるための頭皮環境をつくる、つまり土台作りをするためだからです。頭皮環境がよくないと髪が健康に育ちませんので、ダメということではないのです。